施 設 紹 介

相談室内の様子、カウンセラーについてご紹介します。

面接室

ゆったりとした相談室でお迎えします。日中、猫がいる場合があります。


待合室

カウンセラー

土田 恭史  Takashi Tsuchida

臨床心理士(第14304号)
公認心理師(第1697号)
博士(心理学)

目白大学心理カウンセリングセンター非常勤相談員
目白大学非常勤講師
日本芸術療法学会評議員

みなさまへ

あなたと悩みは一つのものではありません。しかしそこが見えにくくなり、切り分けられなくなることで、苦しみが起こります。「話す」ことは、自分の中で抱えていたことを、少し「放す」ことや「離す」ことにつながります。話すことは、自分が囚われている悩みを「離し」、手「放す」、最初のステップです。相談を決意することは勇気がいることですが、その決意は、回復の第一歩です。回復のプロセスはそこから始まります。微力ながらお手伝いをいたします。

主な経歴

 臨床心理士・公認心理師・心理学博士。目白大学心理カウンセリングセンターを中心に、私立小中校一貫校SC・学生相談、心療内科などで臨床心理士として勤務。専門はカウンセリング心理学・絵画療法。子供から大人まで幅広い年齢層の適応障害、うつ、不登校、パーソナリティ障害、発達障害などの相談と支援に15年近く携わってきました。主に支持的心理療法を基盤に、絵画療法などを取り入れた折衷的アプローチを行っています。

所属学会

 日本心理臨床学会
 日本青年期精神療法学会会
 日本芸術療法学会(評議員)
 日本パーソナリティ心理学会

主な業績

 

  • セックス依存症の精神療法 及川卓・土田恭史 精神療法第44(5) p.611-616, 2018
  • 「今と将来」法における反応パターン分類に関する研究 : 同一性と自我機能の観点より   土田 恭史 , 田中 勝博  日本芸術療法学会誌 48(1), 80-87, 2017
  • 橋画(Bridge Drawing)の描画特徴とその評価に関する研究 田中 勝博 , 土田 恭史 , 野沢 美紗 , 菅谷 正史 日本芸術療法学会誌 47(1), 71-79, 2016
  • 「今と将来」法による描画後体験や気分感情へ 及ぼす影響に関する研究  土田 恭史 , 田中 勝博 , 今野 裕之 , 菅谷 正史 目白大学心理学研究 11, 29-39,2015
  • 描画体験の評価に関する尺度の作成の試み 土田 恭史 , 田中 勝博 , 今野 裕之 [他] ,  目白大学心理学研究 (8), 23-33, 2012
  • 卵画と洞窟画における描画後質問(PDI)の作成に関する研究 田中 勝博 , 土田 恭史 , 今野 裕之他 目白大学心理学研究 (8), 1-14, 2012
  • 大学生の職業決定と自我発達との関連 土田 恭史 , 平部 正樹 , 田島 佐登史 , 川原 正人 目白大学心理学研究 (6), 13-24, 2010
  • 糖尿病患者のセルフモニタリングとストレス及び対処方略の関連 土田 恭史 目白大学心理学研究 (4), 63-73, 2008
  • 感情表現と健康行動との関連--感情抑制が健康行動エフィカシーに及ぼす影響の検討 土田 恭史 カウンセリング研究 40(1), 51-58, 2007
  • 行動調整におけるセルフモニタリング : 認知行動的セルフモニタリング尺度の作成 土田 恭史 , 福島 脩美 目白大学心理学研究 (3), 85-93, 2007  他

連絡先

ひがしすみだカウンセリングルーム

〒131-0042 東京都墨田区東墨田2-24-8
Tel/Fax 03-6657-5372
E-Mail counsering@higasisumida.jp


FACEBOOK PAGE
https://www.facebook.com/HigashisumidaCounselingRoom/

Instagram
https://www.instagram.com/higashisumida_counseling/